スルスル酵素 落とし穴

スルスル酵素【2袋990円キャンペーン】を今すぐチェック!

漫画LP

酵素ダイエットは仕上げの回復食が決め手!回復食で気をつけることは一体何?

酵素ダイエットは、実践している間だけ意識を集中すればいい、というわけではありません。

 

もっとも重要なポイントは、一定期間、食べ物を飲まず食わずでいた後の回復食です。

 

一定期間、食べ物が体内に取り込まれていないということは、内臓はお休み状態が続いています。

 

そんなときに、酵素ダイエット前の通常の食生活を送ってしまうと、胃や腸がびっくりしてしまいます。

 

消化が不十分になるだけでなく、ひどくなると、腸が捻れてしまう腸捻転や腸の管が狭くなってしまう腸閉塞といった病気を患うこともあります。

 

さらには、一定期間固形物を口にしていない体内は、体調の維持が困難となっているため、次に取り込まれる栄養素を全て吸収しようとする状況になっています。

 

ですから、急にエネルギー量の高い食事をすると、私たちの体は今まで以上に体内に余分な栄養素を吸収しようとします。

 

決して楽ではない酵素ダイエットを頑張ったにもかかわらず、体重が元通りなんていうことになったら全てが水の泡です。

 

結局、ダイエットの成功を保つためには回復食が決め手となってくるわけです。

 

回復食は、食べ物を口にしていなかった期間と同期間設けるようにすることが基本となります。

 

もし24時間食べ物を飲まず食わずという状態が続いたなら、同様に24時間は回復食に時間を当てましょう。

 

ただし、7日間以上食べ物を飲まず食わずの状態を続けるのであれば、さらに長い期間を回復食で過ごしましょう。

 

また、長期に食べ物を体内に取り入れない状態は大きなリスクを背負うこととなりますので、医師などの専門家の指示を必ず受けてくださいね。

 

それでは、回復食は何を口にすればいいのかわかりやすく説明していきましょう。

 

「簡単に消化してくれるもの」や「内蔵に負担を与えないもの」を摂ることが回復食のベースとなります。

 

上記のポイントを踏まえると、お粥は回復食として最適だと言えます。

 

72時間以上飲まず食わずの状態が続いたら、まずは重湯から始め、順々に七分粥、五分粥とステップアップしていきましょう。

 

野菜スープは、ビタミンやミネラルなどの栄養素を摂ることができるだけでなく、体内での消化活動にも働きかけてくれるので、回復食に取り入れると良いですよ。

 

それとは反対に、口にしない方がよい食べ物もあります。

 

「消化されにくい」「内臓に負担をあたえる」ことから、動物性たんぱく質の肉や魚は避けたほうがよいですね。

 

胃もたれや消化不良に大きな影響を与える揚げ物なども、回復時期にはさらに余分な油を吸収してしまうの避けるべきですね。

 

もし自炊するときに何を作ろうか迷うようであれば、市販の回復食セットもありますので利用してみるのもありですね。